自律した人財を育む人事・教育制度

「人事制度」と「教育制度」の二つの制度で 社員の成長を促していく。

一人ひとりの能力を活かす人事制度

一人ひとりが思う存分、力を発揮できるように。
人事理念と人財ビジョン

YKKグループでは、年齢・性別・学歴・国籍に関係なく、実力や意欲に応じて任された役割において、社員一人ひとりが十分に力を発揮できる制度や環境づくりを進めています。
人事制度は、人事理念「自律と共生」をベースに、役割を軸とした成果・実力主義の考え方で設計されています。役割の特性や期待像の違いによって5つのコースが設定され、評価・処遇・育成の仕組みは、それぞれのコースに合った公正なものとなっています。評価は、社員の中長期的成長を重視し、生み出された「成果」と役割を果たすための「役割行動」、会社の理念に基づく「価値行動」の3項目で行います。また、「キャリアプランの自己申告」など社員の実力向上やキャリアアップを支援する制度も充実を図っています。

5つのコース
3つの評価項目

YKKグループでは、年齢・性別・学歴・国籍に関係なく、実力や意欲に応じて任された役割において、社員一人ひとりが十分に力を発揮できる制度や環境づくりを進めています。
人事制度は、人事理念「自律と共生」をベースに、役割を軸とした成果・実力主義の考え方で設計されています。役割の特性や期待像の違いによって5つのコースが設定され、評価・処遇・育成の仕組みは、それぞれのコースに合った公正なものとなっています。評価は、社員の中長期的成長を重視し、生み出された「成果」と役割を果たすための「役割行動」、会社の理念に基づく「価値行動」の3項目で行います。また、「キャリアプランの自己申告」など社員の実力向上やキャリアアップを支援する制度も充実を図っています。

自律的成長を促す教育制度

自律的成長をサポートする。世界企業として。

人財育成においても、「自律と共生」がベースとなります。社員は、自分のあるべき姿に向かって知識やスキルを主体的に学び、会社は社員が力を伸ばし、存分に発揮できる環境をつくることにより、社員の成長と会社の成長が好循環していくことを目指しています。 仕事をするうえで必要な知識やスキルは、OJT(On the Job Training)として、実務に携わりながら職場の上司や先輩から学びますが、よりスピーディーに、体系的に習得するための教育の機会も設けられています。これらの機会は、事業や部門、職掌により多岐にわたります。たとえば、社内外のセミナーや講習会、e-ラーニングなどのほか、新入社員に複数の職場を経験させる育成プログラム、大学などの研究機関への派遣などがあります。また、公的資格取得や通信教育の奨励などの制度もあります。

ページトップへ